活動実績

伊勢崎IC~太田桐生IC間の開通を繰り上げ

北関東自動車道の伊勢崎インターチェンジから太田桐生インターチェンジまでの区間は、当初2008年9月の開通が予定されていたが、「花と緑のシンフォニーぐんま2008年」開催に間に合わせるよう働きかけ、開通は2008年3月8日に繰り上げられた。

東日本大震災の被災地支援

2011年4月16日、同年3月11日に発生した東日本大震災で被災した宮城県石巻市を訪問し、SUBARUから防犯パトロール用のインプレッサ20台、軽トラックのサンバー10台を無償貸与した。

ぐんま国際アカデミーの設立

市長就任後、太田市の国際化を受け、構造改革特区制度を利用し、太田市主導でぐんま国際アカデミー(学校法人太田国際学園)が設立された。

文化スポーツ振興財団の設立

おおたスポーツアカデミー

ジュニアスポーツの強化育成支援の一環として、少子化に伴う部活動諸問題への支援と学校週5日制を踏まえスポーツに通じた子ども達の活動環境の提案を目的として、平成12年6月に「おおたスポーツ学校」を開校しました。また、同時に科学技術の進歩により子ども達を取り巻く環境の変化による運動量不足に伴う体力低下が懸念されることから、子ども達が日常的に運動に親しむことのできる環境づくりの推進を図ります。
さらに、少子化や核家族化による家庭や地域環境の変化に対応するため親子・世代・地域間交流が行えるスポーツ活動を積極的に提案し、地域の人達と一体となって子ども達の健全育成に取り組みます。
平成21年4月1日 名称を「おおたスポーツアカデミー」と改め(一財)太田市文化スポーツ振興財団の組織として、よりジュニアスポーツ強化に重点を置いた運営を目指しています。

おおた芸術学校

太田市では「個性が輝くまち 生活文化のあふれるまち」を市の将来像としてとらえ、文化的活動を推進するため「おおた芸術学校」を運営しております。子どもたちが高水準の教育を受けることができる環境づくりを推進し、全ての市民の方々が地域の伝統・文化を知り、守り、受け継ぐことのできる場や機会を広げていきます。
「おおた芸術学校」では、リトミック・オーケストラ・合唱・演劇と様々な分野で子どもたちが専門家から教育を受けることができます。芸術学校で学ぶ子どもたちが、将来この街の文化を担っていくことを期待しています。

子ども・子育て支援新制度の公布

平成24年8月、「子ども・子育て関連3法」が可決・成立し、公布されました。この関連3法に基づき、幼児期の学校教育・保育や、地域の子ども・子育て支援を総合的に推進することを目的とした「子ども・子育て支援新制度(以下、新制度)」が平成27年度に本格施行されました。新制度施行に向け、本市では平成25年9月に条例を制定し、「太田市子ども・子育て会議」を設置しました。また、市民の皆様の子育ての状況やニーズを把握するためのニーズ調査を実施し、それに基づいた事業計画策定の準備を進めています。新制度による支援が円滑に行われるよう取り組んでまいります。

太田市第3子以降子育て支援制度の公布

太田市では、第3子以降の出産を促し、急速な少子化の傾向に歯止めをかけることを目的として、第3子以降の子どもに対して、出産祝金の支給や保育料の免除、給食費の助成など、経済的負担を軽減するためのさまざまな子育て支援事業を実施しています。
また、第3子を対象とした支援のほかにも、不妊治療に対する助成制度や第2子を対象とした給食費の助成制度など、第3子以外の子育て支援も充実しています。

第2子以降の私立幼稚園・認可保育園・認定こども園の給食費を助成

第2子以降の子どもが私立幼稚園・認可保育所・認定こども園に通園する場合、第2子の給食費を半額助成、第3子以降の子どもの給食費を全額助成します。国の副食費免除対象者は、主食費徴収分が免除または助成となります。

中学3年生・高校3年生のインフルエンザ予防接種助成制度

PAGE TOP